バルトレックスで治せる性器ヘルペス

バルトレックスで性病を治す男女

バルトレックスは性器ヘルペスの治療に用いられる薬です。ただし性器ヘルペスなどヘルペスウイルスが原因で起こる病気は、正確に言えば完治させることができません。現代の医学ではヘルペスウイルスを死滅させることができないので、ウイルスの増殖を抑えることによって症状を抑え込むことに治療の主眼がおかれているのです。バルトレックスはこのウイルスの増殖を抑える効果が高いので、性器ヘルペスの症状に悩む多くの人に利用されています。

さらにバルトレックスは性器ヘルペスの再発抑制剤としても大きな効果を発揮しています。有効成分であるパラシクロビルを含むバルトレックスは、通常症状が出てから5日以内に服用してウイルスの増殖を抑えるために使われますが、再発抑制療法の場合は定期的に薬を飲み続けることで、ヘルペスが再発しにくい体内環境を整えることを目的にしています。ヘルペスウイルスは症状が治まっても体内に潜んでおり、免疫力が低下したときに再び活動を始めます。なかには頻繁に性器ヘルペスを発症する人もいて、日常生活にも支障をきたしかねません。そこで常にバルトレックスを服用することによって、再発する可能性を極力防ごうというのです。

このように性器ヘルペスの治療にも予防にも効果的なバルトレックスですが、早期の服用が鍵となる薬ですので、できれば常備しておきたいものです。医療機関に行く暇がないという人であれば、薬の通販サイトを利用してバルトレックスを手元に置いておくのもいいでしょう。ただし再発抑制のために使う場合は専門医の指導の下におこなわなければいけないので、素人の安易な判断で服用するのはやめたほうがいいでしょう。もちろん薬のは副作用もありますので、その点についても注意が必要です。

バルトレックスを買いたいけど、どうしたらいい?

通販サイトを利用する女性

ヘルペスに感染してしまっている場合に有効な治療薬としてはバルトレックスがありますが、バルトレックスを手に入れたいのであれば病院へ行って処方してもらいます。この方法が一番安全で確実な方法ではあるのですが、病院で処方してもらう以外にも方法が無いという訳ではないです。

別の方法としては個人輸入代行業務を請け負う通販サイトがネット上に存在しているので、それらの通販サイトを利用して購入するという手段もあります。この方法ならばネットで注文すれば良いので病院へ行く必要が無いです。近所に適した病院が無い、時間が無くて病院へ行けない、などの理由から通販で手に入れる人もいます。また、病院で処方してもらうよりも安く手に入れられるから通販で購入するというケースも見られます。ただし、通販で手に入れる場合には十分に気を付けておくべき事もあります。通販は確かにうまく活用すれば便利ではあるのですが、まずは病院へきちんと行く事が大切です。自分で勝手に症状から病気を判断してしまうと全く異なる病気である場合もあるので素人判断で薬を服用するのはリスクも大きいからです。まずはきちんと病院で診てもらった上でヘルペスに感染しているかどうかを確認してください。

また、再発した場合や予防目的で購入する場合であったとしても通販サイトで手に入れる場合にはリスクが常にあるという事も理解しておくべきです。通販サイトの中には金儲けがしたいだけの怪しいサイトも存在し、偽物を販売している可能性もゼロでは無いです。そのために利用する通販サイトが信用できるかどうかを確認するようにした方が良いです。偽物の問題は特にED治療薬で多く起こっている問題ですが、他の薬では無いとは言い切れないです。

口内炎と甲状腺、バルトレックスが適用されるケース

口内炎の女性

口内炎には様々な原因が考えられ、口腔内を間違って噛んでしまった時の小さな傷をはじめ、栄養不足やウイルス感染によっても発症します。最も多い原因は口にできた傷ですが、他にも甲状腺疾患の症状の一つとして現れることもあり、他に体調に異変を感じている時は、医師の診察を受けることをおすすめします。口内炎の中でも、ヘルペスウイルスに感染すると、ヘルペス性口内炎となり、水ぶくれのような潰瘍が現れ、赤く腫れて痛みを生じます。口の中だけにとどまらず、喉などいろいろな場所に発症する可能性があるのが特徴です。ヘルペスウイルスの感染経路は、ヘルペスを発症している際に患部に触れることでウイルスに感染します。ヘルペスウイルスによる口内炎は乳幼児に多く発症することが多く、口内にできるため保護者が発見しにくいのに注意してください。痛みがひどい場合、食事や水分を受け付けなることもあります。

ヘルペスウイルスの増殖を抑えるための薬として、代表的なものにバルトレックスが存在します。口内炎だけでなく、ヘルペスウイルスが原因の帯状疱疹、性器ヘルペスや水ぼうそうなどの治療にも効果的です。現在の医学ではヘルペスウイルスを完全に死滅させることは難しく、ウイルスの増殖を抑える治療が中心となります。そのため、バルトレックスはウイルスがまだ少ない発症初期に用いると、病状の悪化を抑えられ治癒を早めることができます。量を調整することで、 小児が服用することも可能です。副作用は少ないですが、下痢や腹痛などの胃腸症状や、発疹や頭痛などが現れる場合もあります。乳幼児が服用する場合は、医師の指導のもと、正しい方法でバルトレックスを服用させましょう。

おすすめ記事