バルトレックスに即効性という特徴はあるのか

水ぶくれを気にする女性

性病のひとつにヘルペスという病名があります。
この病気を簡単に表現すると、「水ぶくれができてしまう病気」ということができます。
このヘルペスはウイルスが原因となって発症する病気であり、ウイルスの増殖を抑えることが治療の決め手となってきます。
治療に際しては、バルトレックスという商品名の医薬品が一般的に用いられます。

このバルトレックスの機能は、DNAの複製を阻害することにあります。
すなわち、細胞が増殖するためには、細胞の情報を入力したDNAを次から次へと複製していくことになります。
ヘルペスウイルスにしても仕組みは基本的に同じであり、度重なる研究の結果、ヘルペスウイルスの増殖にはある酵素が関係していることがわかりました。
その酵素の名はDNAポリメラーゼと呼ばれるものです。
この酵素をシャットアウトしてしまえば、ヘルペスウイルスの増殖を抑えることができ、病気は快方に向かうということになります。
これがバルトレックスの特徴であり、DNAポリメラーゼ阻害薬とも呼ばれる所以です。

さて、バルトレックスにはもうひとつの大きな特徴があります。
それは、ヘルペスに感染した即日から服用可能で即効性があるということです。
ある風邪薬のコマーシャルに、「かかったかなと思ったらコンタック」などというフレーズがありましたが、バルトレックスは感染した即日から服用できる点でメリットが大きく、治癒期間が大幅に短縮できる特性を併せ持ちます。

ヘルペスは口の周りや性器周辺にぶつぶつの水ぶくれができる病気です。
このような症状が現われてからでは時すでに遅しの感が否めませんが、すぐに病院で処方を受け、服用を開始してください。

バルトレックスの効き目はすぐに現われてくることが多いようです。
体内への吸収性の高さから即効性を期待できます。
しかし、薬を途中で中断することなく、医師の処方した薬を完全に飲みきることが必要だと言われています。
早期発見・早期治療・早期治癒が何よりも望まれます。