咳で感染するヘルペスへのバルトレックスの服用回数

咳をする男性

性器や口唇に、水ぶくれや赤い発疹が現れる症状の事をヘルペスと呼びます。
そんなヘルペスはかゆみや痛みを伴う事から、早く治したい!と思う患者がほとんどです。
ヘルペスはウイルスが原因によって引き起こるもので、咳やくしゃみによる飛沫感染や直接接触する事によって感染すると言われています。

このヘルペスに対して効果を発揮する薬が、バルトレックスです。
バルトレックスは主な成分がバラシクロビル塩酸塩の、抗ウイルス剤です。
副作用も少ない上に、重篤な副作用も報告されていない事から、大人から子供まで処方されます。
バルトレックスは、ヘルペスが発症してから早く服用すればするほど、高い効果が期待できると言われています。
性器ヘルペスの場合は、500mgのバルトレックスを1回1錠を目安とし、1日に2回服用しましょう。
服用期間は5日間から10日間程度が目安となります。
もし性器ヘルペスが再発した場合には、上記と同じ回数を目安に再度服用するようにしましょう。
また、再発を予防したいという方は、1回1錠を目安に1年程度継続して服用すると効果が期待できるでしょう。
口唇ヘルペスの場合も、性器ヘルペスと同じ服用方法及び回数で問題はありません。

ただし子供の場合は、体重によって摂取する量を調整する事が重要になります。
体重が40kgを超える子供の場合、大人と同じ扱いとなり上記の服用方法及び回数となります。
しかし体重が40kg以下の場合は、1kgあたり25mgのバルトレックスを摂取するという条件を守らなければいけません。
例えば体重が10kgならば250mgのバルトレックスを、1日に3回に分けて服用するようにしましょう。
このように子供が摂取する際には、錠剤よりも顆粒の方が便利です。