虫刺され薬にも含まれているバルトレックス

通販を利用する女性

抗ウイルス薬として、虫刺されの薬にも使われえている、バルトレックスとは、ヘルペスの治療に高い効果を発揮する薬です。
塩酸バラシクロビルという成分が含まれており、この成分がウイルスが増殖することを防ぐので、ヘルペスのようなウイルス増殖による再発しやすい病気に有効なのです。
ウイルスによる感染症の一種であるヘルペスには、性病のイメージが強い人も多いですが、幼児期にかかる水疱瘡や、体内の免疫力が落ちた時に口の周りに発疹が出るといった症状もヘルペスの一種になります。

性病の場合には、特に女性の場合、恥ずかしいという理由から中々病院に行けないこともありますが、最近では、通販サイトなどでも、バトルレックスが簡単に入手することができます。
しかし、症状が出た場所などに応じて、バトルレックスの服用量が変わってきますので、医師からの処方箋や、説明書の服用量を守って服用することが重要となります。
また、通販サイトの場合、粗悪品を販売しているサイトもある為、信頼できるサイトでの購入を心がけることが必要です。
バトルレックスは、DNA阻害薬でもあります。
その為、ホルモンに関係するといったことも聞きますが、バルトレックス自体にホルモンを変化させる作用はありませんので、生理など女性ホルモンのバランスが崩れたりの心配はありません。

吸収率が良く、長時間の効果があり、副作用が少ない薬なので、手間が省けるといったことからも、需要がたかっていますが、決して副作用がないということはありません。
副作用としては、発疹・目眩・お腹を下す ・痒くなる ・気持ち悪くなるなどがありますが、稀に、アナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。
通販サイトを経由しての入手は簡単ではありますが、医薬品であるので、一度は病院へかかり、医師に相談することが望ましいのです。